絶妙な旨味凝縮♪『手羽明太餃子 長芋混ぜ』、極上ジューシー仕立て - 簡単レシピでうちごはん

絶妙な旨味凝縮♪『手羽明太餃子 長芋混ぜ』、極上ジューシー仕立て


スポンサーリンク

 

肉汁と濃厚な旨味を堪能する、『手羽明太餃子 長芋混ぜ』


 

 本日の料理は、手羽先と明太子を使って作る、手羽餃子のレシピです。
 手羽先は食べやすいよう骨を抜き、じっくりと揚げ、柔らかジューシーな食感
 辛子明太子を具材のベースに、長芋と長ネギを一緒に和え、口触りをプラス
 旨味と食感を存分に味わえ、しっかりとメインになるように仕上げています。


 具材の味付けのポイントとして、明太子の味がしっかりとしているので、
 余分な調味料は省き、塩・ポン酢・胡麻油で味を引き立たせました。
 生姜の擦りおろしを入れて、軽い風味をアクセントとして加えています。

 また、出来るだけ簡単に作れるよう、具材を大葉で包み込んで手羽先にIN!
 大葉の爽やかさと香り、スッとした歯触りもやわらかく美味しい一品です(^▽^)
 それでは、本日の料理のレシピをご紹介していきます。


☆他にも、明太子と長芋を使った、メニュー二品をご紹介しています☆
 「贅沢食感で味わう♪たたき長芋明太和え 超簡単!ごちそうレシピ♪
 「涼やかな絶品相乗効果♪冷やしぶっかけ蕎麦 たたき長芋明太のせ♪♪




手羽明太餃子 長芋和え01



材料・調味料 (3~4人分)


【手羽明太餃子 長芋混ぜ/材料・添え物】

手羽先            12本
辛子明太子          2腹(4切れ/約100g程度)
長芋             中程度の大きさ、3cm
長ネギ            8cm程度
大葉             12枚(出来れば大きめの大葉)

レモンやすだちなど      適量
グリーンリーフ        お好きなだけ

片栗粉            適量
水200ccに対し、小さじ1程度の酢水
爪楊枝            12本

☆大根おろし・ポン酢などを添えても美味しいです。


【手羽明太餃子 長芋混ぜ/調味料】

「手羽先漬け込み用」
日本酒            大さじ2
塩              小さじ2/1


「手羽先に入れる具材用」
ポン酢            大さじ1
胡麻油            小さじ1
生姜の擦りおろし       小さじ1

(チューブの生姜でもOK)


本日のレシピ ①~⑤



手羽明太餃子 長芋和え02手羽明太餃子 長芋和え03


1.【下準備/材料用意・具材切り】



 
まず、長芋を酢水に浸け、少しおいて水洗い、
 キッチンペーパーなどでよく水分を取って、細かいみじん切りにする。

 明太子は、スプーンなどで薄皮を取り除いておきましょう。


 ☆【ポイント1】
 長芋は皮をむいて酢水にさらすと、
 色合いが鮮やかで綺麗になり、変色を防ぎます。

 酢水につける時間は2~3分で大丈夫です。





手羽明太餃子 長芋和え04手羽明太餃子 長芋和え05手羽明太餃子 長芋和え06


2.【下準備/手羽餃子の具材作り】



 
ボールに①の明太子と長芋、長ネギのみじん切りを入れ、
 「手羽先に入れる具材用」の調味料を加え、グルッと混ぜ合わせておきます。





手羽明太餃子 長芋和え07手羽明太餃子 長芋和え08手羽明太餃子 長芋和え09


3.【下準備/具材を入れる為、手羽先の骨を抜く】



 
左の写真、骨周り部分(赤線)に沿って、
 包丁やキッチンばさみを使って、肉と筋を切り離します。

 次に、関節の部分(中央の写真赤丸部)を折り、グリッと一回転、
 先ほど切り離した骨周りの肉をしごき、奥へと剥がして骨を抜く。

 もし、なかなか骨が抜きづらいという場合は、
 矢印部、大きい骨と小さい骨を切り分けて、別々に剥がすと簡単に抜けます。


 ☆【ポイント2】
 切り離しが慣れないうちは、
 キッチンばさみを使うと、簡単でけがの心配もありません。





手羽明太餃子 長芋和え010手羽明太餃子 長芋和え011手羽明太餃子 長芋和え012


4.【下準備/手羽先に具材を詰める】



 
あらかじめ具材を12等分しておき、
 ③で骨を抜いた手羽先に、②で作った具材を詰めていきます。

 大葉に12等分した具材を入れ、包み込み(多少はみ出してもOK)
 骨を抜いた手羽先に、グッと押し込みます。(こちらも、少々はみ出してもOK)

 中に入れた具材が出ないよう、爪楊枝を刺して入れ口を塞ぐ
 具材が出なければ、適当な刺し方で十分です。写真は波縫いにしています。
 詰め込んだら片栗粉をまぶし、出来るだけ薄い衣にしましょう。

 ☆【ポイント3】
 片栗粉はしっかりとまぶし、手ではたいて出来るだけ均一な衣にする。





手羽明太餃子 長芋和え013手羽明太餃子 長芋和え014


5.【調理/手羽餃子揚げ】



 
160℃前後に熱した油に、油が飛び散らないようしずかに手羽先を入れ、
 トータル約3分半~4分、両面に焼き色がつくまでじっくりと揚げます。
 (投入後、浮き上がって来るまで触らない。約1分半~2分で浮き上がります)

 揚がったらバットに上げ、しっかりと油を切る。
 約2~3分程度置いて、手羽先内部の肉汁を安定させれば出来上がり。
 おつかれさまでした。お皿に移して盛り付けに取り掛かりましょう^^

 ☆【ポイント4】
 爪楊枝は、2~3分置いた後に取ると、簡単に取ることが出来ます。





手羽明太餃子 長芋和え015


☆本日のレシピの完成です☆


 
大き目のお皿を用意し、たっぷりのグリーンリーフを周りに配します。
 出来上がった手羽明太餃子を移して、すだちをそっと添えれば完成です。
 冷めても柔らかく美味しいですが、アツアツのジューシーな肉汁を是非!


 具材の組み合わせも様々、色々とアレンジを楽しめる手羽餃子、
 今回は明太子で作っていますが、お好きな具材を使って美味しくどうぞ。
 大根おろしやポン酢といただくと、味のアレンジが楽しめますよ(^▽^) 

 本日は、 旨味と肉汁のコラボ!『手羽明太餃子 長芋混ぜ』の作り方でした。
  
 ☆とっても簡単に作れる、明太子を使った本格的な味わいのパスタです。
 「濃厚!明太子パスタ 贅沢なコクを堪能♪バター醤油でわくわくプラス
 「濃厚絶品!『明太子のクリームパスタ』、海老とホタテの贅沢レシピ♪



最後までご覧いただき、有難うございました^^
 にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 簡単レシピでうちごはん All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます