鮎の塩焼き グリルで簡単焦げすぎ注意♪ワタも美味しく間違いなし! - 簡単レシピでうちごはん

鮎の塩焼き グリルで簡単焦げすぎ注意♪ワタも美味しく間違いなし!


スポンサーリンク

 

美味しい鮎料理レシピ♪鮎(あゆ)の塩焼き




 本日は、とっても新鮮な鮎をスーパーで発見!
 シンプルに塩焼きにしてギュッとすだちを絞りかけて、
 美味しくいただく事にしました。


 この季節はいいですね、
 天然ものではないですが、スーパーでもプリッと美味しそうな鮎が並びます。
 運がよかったら子持ちの鮎なんかも出会ったりすることが出来ます。

 ただしほとんど身の方はありませんが・・・Σ(´∀`;)


 今回手に入った鮎もとても新鮮で形もよく、
 目玉もすごく綺麗だったので、一目ぼれで買ってしまいました。
 新鮮ですので、もちろん身の方もですがワタの味も楽しみです(^▽^)

 塩焼きですのでレシピと言うほどではないですが、料理の方をご紹介します。





鮎の塩焼き01



材料・調味料 (2人分)


【鮎の塩焼き/材料・調味料】

鮎               2尾
塩               適量

すだち             1個



本日のレシピ ①~④



鮎の塩焼き02
鮎の塩焼き03


1.【下準備/鮎の下処理①】


 
 多めの塩を手に取り表面の汚れ、ぬめり、ウロコを取ります。
 またここで、鮎のおなかをきゅっと押してフンを出します。
 (フンはない場合もあります)

 水洗いをして、タオルなどでよく水けを取っておきましょう。
 これだけで簡単に下処理が出来ました。





鮎の塩焼き04鮎の塩焼き05


2.【下準備/鮎に串を打つ】


 
 以前ご紹介したアマゴの塩焼き同様、
 今回もほっくりと見栄えよく焼き上げる為、金串を使います。

 詳しい串の打ち方「のぼり串と踊り串」はこちら





鮎の塩焼き06


3.【下準備/化粧塩を施す】



 鮎の両面にパラリと軽く塩を振り掛け、ヒレとしっぽの部分に化粧塩をする。
 
 ヒレやしっぽの部分が焦げるのを防ぐので、
 見た目にも綺麗に出来上がります。塩は少しの量で大丈夫ですよ。





鮎の塩焼き07


4.【調理/鮎を焼き上げる】



 あらかじめグリルを少し熱しておき、
 両面に香ばしい色が付くまで焼いていきます。





鮎の塩焼き08

 
 両面がこんがりと焼ければ出来上がり。
 金串は熱いうちに回転させて、冷めてから抜くとすんなり抜けますよ。





鮎の塩焼き09


☆本日のレシピの完成です☆


 今回は以前ご紹介したアマゴの塩焼きの時のように、
 串打ちに失敗せず上手く焼き上げる事か出来ました♪


 あっさりとした旨味のある身と、少し苦みのあるワタの味が美味しい!
 シンプルにじっくりほっくりと焼き上げた鮎は、やっぱりおいしいですね~。

 旬の季節という事もあり手に入りやすいので、
 今度は甘露煮にするのもいいかな~と思いました(^▽^)



最後までご覧いただき、有難うございました^^
 にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーリンク



タグキーワード

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 簡単レシピでうちごはん All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます