旨味を贅沢に堪能!『鴨ねぎうどん』だしも本格♪自慢の一品レシピ☆ - 簡単レシピでうちごはん

旨味を贅沢に堪能!『鴨ねぎうどん』だしも本格♪自慢の一品レシピ☆


スポンサーリンク

 

鴨肉の旨味溢れる♪美味しいだしも魅力☆『鴨ねぎうどん』の作り方


 

 本日の料理は、鴨肉・ネギ・うどんを組み合わせた、贅沢な旨味を味わえる一品です。 
 あっさりと上品なだしの味わいに、鴨肉・脂・ネギから出る美味しい旨味がプラス。
 弾力ある仕上がりのうどんともマッチし、味わい豊かなご馳走うどんの完成です♪


 さらに添え物として餅も加え、お腹もしっかりと満足できる一品にしてみました。
 (ちなみにネギと餅は網で焼いて、美味しい焦げ目を付けています)
 また、仕上げにアクセントとして緑の彩りも添え、目からも美味しく楽しめます。

 これ一品でも十分満足出来ますので、献立は軽いご飯ものなどおすすめです。
 縁起物の諺でも使われる"鴨葱"、冬が美味しいこの時期の一品としても是非(^▽^)
 それでは、本日の料理のレシピをご紹介していきます。


WildDuckNegiSoba00

☆こちらは2013年12月31日、一緒に作った年越しそばの鴨ネギそばになります☆
 「簡単本格☆『鴨ネギそば』添え物たっぷり♪美味しい年越しそばレシピ




鴨ねぎうどん01



材料・調味料 (2人分)


【鴨ねぎうどん/材料】

生うどん              2人分
(生うどんでなくても、お好みのうどんでOK)
鴨肉                100g~(本日は100gです)
丸餅や切り餅            2個
長ネギ               3/1本を四等分に
水菜                3/1束程度(お好みの量で調整ください)
薬味ねぎの小口切りをお好きなだけ
すだちのスライスを、1人分3枚程度

塩コショウ             適量
胡麻油               小さじ1~2
出来上がりに添える、一味・七味唐辛子・山椒などお好みで


【うどんだし】(少し多めに作っていますので、量の御調整はお好みでどうぞ)

水                 1200cc
薄口醤油              大さじ6
みりん               大さじ4
日本酒               大さじ2
かつおだし             大さじ2
だしの素              小さじ3/2

(こんぶとかつおの合わせだし)
砂糖                小さじ3/1
塩                 小さじ5/1

柚子果汁小さじ2~を、だしの仕上げに加える

(加えなくても構いません。お好みでお加えください)


本日のレシピ ①~④



鴨ねぎうどん02鴨ねぎうどん03


1.【下準備/具材切り・材料用意】



 水菜/食べやすい大きさにし、冷水にさらす
 長ネギ/5cm程度の長さで切る
 薬味ねぎ/小口切り
 すだち/薄くスライス

 餅と長ネギは、網・オーブントースターなどで焼いておきます。
 他の調味料も同様に、調理しやすいように用意しておきましょう。


 ☆【ポイント1】
 餅と長ネギを焼くのは、うどんが出来上がる直前でも構いません。





鴨ねぎうどん04鴨ねぎうどん05鴨ねぎうどん06


2.【調理/うどんだし作り】



 鍋を中火で熱し、胡麻油小さじ1~2を入れ鴨肉を投入。
 少量の塩コショウをパラッと振り表面を焼き、軽く熱を加える程度で火を止める。

 鍋に鴨肉から出た脂を残し、鴨肉だけ取り出しておきます。(だしの仕上げ近くまで)

 鍋に☆以外の全てのだしの材料を流し入れ、弱強火にかけ沸騰させ、
 沸騰したら強中火。酒のアルコール分を飛ばしましょう。(途中アクを取る)

 感じ的には写真右端、これぐらいのだしの沸き具合で火にかけていき、
 飛んだらうどんを茹で上げるまで、だしをスタンバイしておきます。


 ☆【ポイント2】
 沸騰後、火にかけているとき味見をします。
 みりんのクセがなくなっていればアルコール分が飛んだ頃合いです。

 また、だし作りと同時にうどんを茹でる鍋を火にかけていくと、
 だしの完成からうどん茹でまでスムーズに流れます。





鴨ねぎうどん07鴨ねぎうどん08鴨ねぎうどん09


3.【調理/うどん茹で】(お使いいただくうどんの、茹で時間をご参考ください)



 鍋にたっぷりの水を入れ、強中火で火にかける。
 (麺の10倍以上。本日の200gに対してだと、2ℓ~)
 沸騰してきたらくっつかないよう、うどんをほぐしてお湯に入れます。

 うどんがお湯の中で踊る程度の火加減が目安、
 茹で上がったら、さっと釜抜き(鍋からそのまま器に入れる)最後の工程に移ります。


 ☆【ポイント3】
 茹でる水の量は、できれば多めの方がベストです。

 うどんをお湯に入れた後は、くっつかない様軽く箸で押す程度。
 (まったく触らないのはいけません)
 浮かび上がってくるまで動かさず、そっとしておきましょう。





鴨ねぎうどん10


4.【調理/鴨肉を加え、うどんだしを仕上げる】



 工程②でスタンバイしていただしに鴨肉を加え、サッと熱を加える。
 具材に熱が通ったら火を止め、味の調整をすれば出来上がり。
 (☆の柚子果汁はお好みで加えてください)

 おつかれさまでした。器に入れたうどんにだしをかけましょう^^


 ☆【ポイント4】
 タイミングが良かったら、うどんの茹で上がりと同じぐらい、
 工程③と④が前後する時間差程度で出来上がります。





鴨ねぎうどん11


☆本日のレシピの完成です☆


 釜抜きで器に移した熱々うどんの上に、出来立ての熱々のだしをかけます。
 長ネギ・焼き餅・水菜をバランスよく配し、薬味ねぎの緑で彩りを添えれば完成。
 (お好みで一味・七味唐辛子・山椒などを振り、味の変化もお楽しみください)

 鴨肉から出た旨味溢れるだしの味わいと、軽く焼きを付けた長ネギとの相性が抜群!
 もちもち食感で麺を楽しめるよう、うどんはサッと釜抜きで仕上げました(^▽^) 
 本日は、美味しい味わいの虜になるかも♪『鴨ねぎうどん』の作り方でした。
 


最後までご覧いただき、有難うございました^^
 にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーリンク



タグキーワード

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

おいしそう

写真 きれいにとれてますね
また 寄らせてもらいます

2014-01-16 10:08 from -

今晩は。

嬉しいコメント有難うございます。
宜しければ是非、お気軽に遊びに来てください(^▽^)

2014-01-16 17:12 from 自宅料理人ひぃろ

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014-12-28 18:54 from -

トラックバック
Copyright © 簡単レシピでうちごはん All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます