焼きもち腹持ちほっこり満足♪『力うどん』簡単レシピで自慢の一品☆  - 簡単レシピでうちごはん

焼きもち腹持ちほっこり満足♪『力うどん』簡単レシピで自慢の一品☆ 


スポンサーリンク

 

あっさりと上品なだしで味わう♪『力うどん』の作り方


 

 本日の料理は、うどん定番の一品のひとつ、腹持ちが良い『力うどん』のレシピです。 
 焼き餅の美味しい焦げ目を愛でつつ、上品なあっさりだしと一緒にお試しいただきます。
 美味しい彩りと食感も他の具材で添え、爽やかなイメージで仕上げてみました。


 今回、うどんと焼き餅の味わいを、出来るだけシャープに味わえる様にしたかったので、
 だしに加える具材はしめじと人参の二品、軽い旨味を加える程度にしています。
 仕上げには目からも美味しく味わえる様、サラダほうれん草でフレッシュ感をプラス。

 他にも具材のアレンジを加えれば、全く違った印象でお楽しみいただけます♪
 寒い季節などほっこり温か、ほっとお腹も満足させてくれる定番の一品(^▽^)
 それでは、本日の料理のレシピをご紹介していきます。


MaguroUmadare00

☆美味しいサイドメニューにもなる一品、お酒との相性も抜群です☆
 「やみつき絶品舌鼓!おうち居酒屋メニュー♪マグロの旨漬け和えレシピ




力うどん01



材料・調味料 (2人分)


【力うどん/材料】

生うどん                2人分
(生うどんでなくても、お好みのうどんでOK)
丸餅や切り餅              2~4個(1人分1~2個)

サラダほうれん草           10枚程度
ロースハムなど(本日は厚切りタイプ)  1人分食べやすい大きさのもの、2~3枚
しめじ                1パック
人参                 3/1本
薬味ねぎの小口切りをお好きなだけ

出来上がりに添える、一味唐辛子・七味唐辛子などお好みで


【うどんだし】(少し多めに作っていますので、量の御調整はお好みでどうぞ)

水                   1200cc
薄口醤油               大さじ6
みりん                大さじ4
日本酒                大さじ2
かつおだし              大さじ1
だしの素               大さじ1

(こんぶとかつおの合わせだし)
砂糖                  小さじ4/1
塩                  小さじ6/1

柚子果汁小さじ2~を、だしの仕上げに加える

(加えなくても構いません。お好みでお加えください)


本日のレシピ ①~③



力うどん02力うどん03


1.【下準備/具材切り・材料用意】



 人参/厚さ2~3mm程度の輪切り
 しめじ/石づきを取り除き、サッと水洗い
 サラダホウレンソウ/食べやすい大きさに切る
 薬味ねぎ/小口切り

 餅を、網・オーブントースターなどで焼いておきます。
 (餅を焼くのは、うどんが出来上がる直前でも構いません)
 他の調味料も同様に、調理しやすいように用意しておきましょう。


 ☆【ポイント1】
 本日は輪切りのままですが、手間でなければ人参を飾り切りにすると、
 出来上がりが綺麗で華やかになります。(お好みで)
 





力うどん04力うどん05


2.【調理/うどんだし作り】



 鍋に全てのだしの材料・しめじ・人参を入れ、弱強火にかけ沸騰させる。
 沸騰したら強中火、酒のアルコール分を飛ばしましょう。(途中アクを取る)

 写真右側、人参がだしの中で軽く踊る程度の沸き具合で火にかけます。
 (約5分程度したら、一度味見をして下さい)
 飛んだらうどんを茹で上げるまで、だしをスタンバイしておきましょう。


 ☆【ポイント2】
 沸騰後、火にかけているとき味見をします。
 みりんのクセがなくなっていればアルコール分が飛んだ頃合いです。

 また、だし作りと同時にうどんを茹でる鍋を火にかけていくと、
 だしの完成からうどん茹でまでスムーズに流れます。





力うどん06力うどん07力うどん08


3.【調理/うどん茹で】(お使いいただくうどんの、茹で時間をご参考ください)



 鍋にたっぷりの水を入れ、強中火で火にかける。
 (麺の10倍以上。本日の200gに対してだと、2ℓ~)
 沸騰してきたらくっつかないよう、うどんをほぐしてお湯に入れます。

 うどんがお湯の中で踊る程度の火加減が目安、
 茹で上がったら、サッと釜抜き(鍋からそのまま器に入れる)をして出来上がり。

 おつかれさまでした。器に入れたうどんに、スタンバイしていただしをかけましょう^^
 (タイミングが良かったらだしの完成と、うどんの茹で上がりが同じぐらいになります)


 ☆【ポイント3】
 茹でる水の量は、できれば多めの方がベストです。

 うどんをお湯に入れた後は、くっつかない様軽く箸で押す程度。
 (まったく触らないのはいけません(>_<))
 浮かび上がってくるまで動かさず、そっとしておきましょう。





力うどん09


☆本日のレシピの完成です☆


 釜抜きでサッと器にうどんを移し、スタンバイしていた熱々のだしをかけます。
 焼き餅を入れ、各種具材を彩りよく配していき、薬味ねぎを添えれば完成。
 (一味唐辛子・七味唐辛子など、お好みで加えてお試しください)

 軽く野菜の旨味もプラスされた、透明感のある上品な味わいのだしと焼き餅。
 もちもち食感のうどんも魅力的な一品、献立の一員に加えてみませんか(^▽^) 
 本日は、自慢の一品になってしまうかも♪『力うどん』の作り方でした。
 


最後までご覧いただき、有難うございました^^
 にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 簡単レシピでうちごはん All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます