本格スペイン料理☆『タコとじゃがいものガリシア風』超簡単タパス♪ - 簡単レシピでうちごはん

本格スペイン料理☆『タコとじゃがいものガリシア風』超簡単タパス♪


スポンサーリンク

 

簡単なコツだけで美味しい♪『タコとじゃがいものガリシア風』の作り方


 

 本日の料理は、スペインはガリシア地方の、タパス定番タコ料理のレシピです。
 ガリシア地方では" Pulpo a feira(お祭りのたこ)"で親しまれる美味しい料理。
 『タコのガリシア風』(プルポ・ア・ラ・ガリェガ : Pulpo a la gallega)とも呼ばれます。


 スペイン料理の小皿料理"タパス"として、バル(バール:Bar)などでも楽しめ、
 じゃがいもや玉ねぎを一緒に合わせる場合もありますが、タコのみの場合も多く、
 簡単な調理・シンプルな味付けで出来上がる、お手軽なのにとっても美味な料理です。

 ※タパスとは?⇒西洋料理のコース料理、オードブル(前菜)に当たるものですが、
 スペインでは類似する言葉、" アペタイザー:(Appetizer)"と呼ばれるものがタパスです。
 (前者はフルコース最初の料理、後者は主菜前に提供されるサービス一切を指します)


 今回簡単に茹でダコを使用し、じゃがいもと一緒に合わせて仕上げました。
 生ダコから作るのではないので、レシピというよりは簡単なコツがメインですが(^▽^)
 それでは、本日の料理のレシピをご紹介していきます。


Tortilla000

☆おもてなしにも最適!オムレツの一種、こちらも美味しい定番タパスです☆
 「本格スペインオムレツ『トルティーリャ』具だくさん♪おもてなし料理




タコとじゃがいものガリシア風01



材料・調味料 (2~3人分)


【タコとじゃがいものガリシア風/材料・調味料】

茹でダコ                200g
(タコを茹でる時に使う塩を適量)
じゃがいも               3~4個
(本日は男爵を使用しています。メークインでも)
白ワイン                大さじ1強
ローリエの葉             1枚
スぺアミント(なくても構いません)   1枚

お好みで玉ねぎ(中)半分を具材に使っても



{ 仕上げ用調味料 }

オリーブオイル(EXV)          お好きなだけ
岩塩                 お好きなだけ
パプリカパウダー          お好きなだけ(本日は辛みのない物を使用)
レッドペッパーやカイエンヌペッパー  お好きなだけ



本日のレシピ ①~④



タコとじゃがいものガリシア風02タコとじゃがいものガリシア風03


1.【下準備/具材切り・材料用意】



 タコをボールなどに入れ、白ワイン大さじ1強で軽く揉んでおく。
 (約10分程度置いておく)

 じゃがいもは綺麗に水洗い。
 (じゃがいもはこの後の工程で皮ごと茹でます)

 他の材料・調味料も同様に、調理しやすいように用意しておきましょう。


 ☆【ポイント1】
 白ワインでタコの生臭さを抑えます。(殺菌効果も大)





タコとじゃがいものガリシア風04タコとじゃがいものガリシア風05タコとじゃがいものガリシア風06


2.【調理/じゃがいもを茹でる】



 鍋にじゃがいもひたひた程度に水を張り、点火して中火。
 約25~30分程度、じゃがいもに爪楊枝がスッと刺さるまで茹でます。
 (じゃがいもは皮ごと茹でてください)

 茹で上がったら皮を剥いて芽を取り除き、(火傷に注意しましょう)
 5~6mm厚程度の食べやすい輪切りにして、お皿に盛り付けておく。
 (軽く岩塩を3~4振りしておく)


 ☆【ポイント2】
 じゃがいもとタコを違う鍋で、同時に火にかけていきましょう。
 茹で上がりの時間差で、出来上がりまでスムーズに流れます。





タコとじゃがいものガリシア風07タコとじゃがいものガリシア風08タコとじゃがいものガリシア風09


3.【調理/タコを茹でる】



 鍋に少し多めの水を張り、タコ・塩・ローリエの葉を入れる。(お好みで玉ねぎも)
 中火で火にかけ沸騰直前で弱火、20~30分程度煮てタコを柔らかくする。
 (ローリエの香りが苦手な方は弱火後、約5~10分で取り出しましょう)

 バットなどにあげ水を切り、熱を安定させたら温かいうちに切ります。
 (食べやすい大きさに、輪切りやぶつ切りに)


 ☆【ポイント3】
 簡単に短時間で茹でる場合、タコが温まる程度の時間でも構いません。
 また、タコは強い火力で茹でると、身が硬くなり皮がめくれてしまいます(>_<)





タコとじゃがいものガリシア風10


4.【調理/最後に調味料をかけて仕上げる】



 タコを盛り付けたら、オリーブオイルをたっぷりとまわしかけ、
 岩塩・パプリカパウダー・レッドペッパーを、お好みの味加減振り掛ければ出来上がり。

 おつかれさまでした。取り分けるお皿など用意して、いただく準備をしましょう^^


 ☆【ポイント4】
 岩塩の量は少し多めの方が美味しいです。
 (岩塩ですので塩味も適度で、甘みもプラスされます)




タコとじゃがいものガリシア風11


☆本日のレシピの完成です☆


 最後にスペアミントで彩りと香りを添えれば完成です。(添えなくても構いません)
 岩塩は少し多いかな?ぐらいが、ちょうど良い味加減になるかもしれません。
 ほんの少し具材を茹でる時間はありますが、とっても簡単に作れて美味しい一品♪


 タコとじゃがいもの味わいをしっかりと楽しめ、おもてなしにも最適な一品。
 味付けもシンプルで、エネルギッシュな彩りもお洒落な人気メニューです(^▽^)
 本日は、スペイン料理の定番タパス☆『タコとじゃがいものガリシア風』の作り方でした。
 


最後までご覧いただき、有難うございました^^
 にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014-07-25 23:51 from -

トラックバック
Copyright © 簡単レシピでうちごはん All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます