夏野菜チャーハン♪トマトとパプリカを使ったやみつきさっぱりレシピ - 簡単レシピでうちごはん

夏野菜チャーハン♪トマトとパプリカを使ったやみつきさっぱりレシピ


スポンサーリンク

 トマトとパプリカを使った簡単チャーハン


 本日は保温しすぎたご飯が余っていたので、
 トマトとパプリカを使ってチャーハンを作ってみました。


 トマトの赤とのバランスを考え、黄色のパプリカを使いました。
 パプリカは甘みが強く加熱によって甘みがさらにアップ!
 でもさすがに入れすぎると食べるのがきつくなりますけどね。


 彩がきれいなのでサラダにもよく使いますが
 蒸し料理にすると香りと甘みが一段と増し、相性がいいようです。


 最近魚料理が続いていたので今度何か蒸し料理でもしようかな。
 久しぶりに肉まんか餃子を作ってみようと思ったので、今度作ってみます^^


 それでは本日のレシピいってみましょう。
 シンプルな味付けなので是非この季節お試しください♪




パプリカとトマトのチャーハン01


     材料 ( 2人分 )


トマト(中)            一個
パプリカ黄(大)          3/1
玉ねぎ              2/1個
ベーコン             2枚
薬味ねぎ             3本
ご飯               300g
たまご              2個

ごま油              適量

【味付け調味料】
とりがらスープの素(粉)     大さじ1強
塩コショウ            適量
マヨネーズ            小さじ1



     レシピ  ①~④


パプリカとトマトのチャーハン02パプリカとトマトのチャーハン05


1.はじめに下ごしらえをします。
 玉ねぎ、パプリカを1cm角、トマトとベーコンを2cm角、薬味ねぎを小口切りにしておきます。

 
 ここでご飯を軽く水洗いして米のぬめりを取り、ざるなどに入れよく水けを取っておきます。
 水けを取ったご飯はラップをして冷蔵庫に入れておきましょう。
 
 
 出来ればチルドやソフト冷凍。出来上がりがパラリとした仕上がりになります。




パプリカとトマトのチャーハン03


2.下ごしらえが出来ましたら、たまごと野菜を炒めておきます。
 
 たまごは軽く塩こしょうを入れ、溶き卵にしてスクランブル。
 玉ねぎ、パプリカ、ベーコンは軽く塩こしょうして炒め、器に取っておきます。




パプリカとトマトのチャーハン04


3.次に仕上げに取り掛かりましょう♪
 フライパンを中火で熱し、ごま油をひきマヨネーズを入れ軽く溶かします。

 
 そこにご飯とトマトを入れ、トマトの水分が飛ぶまで炒めます。
 ここで注意なのが、米のぬめりを取るのにご飯を洗っているので少し水分が残っています。
 
 
 ご飯とトマトを炒める時は混ぜすぎに注意しましょう。
 混ぜすぎると粘りが出て、べっちゃりとした仕上がりになってしまいます (ノд`)




パプリカとトマトのチャーハン06パプリカとトマトのチャーハン07


4.ご飯とトマトを炒めましたら前もって炒めておいた野菜、卵を入れます。
 さっと強火にしてとりがらスープの素を入れ、一気にパラパラに炒めちゃいましょう。 




パプリカとトマトのチャーハン08


 火を止め、最後に薬味ねぎを散らして軽く混ぜれば出来上がり~♪




パプリカとトマトのチャーハン09


 トマトとパプリカを入れているのでほんのりと甘く、
 軽い酸味があっさりさっぱりとした仕上がりになりました^^


 食べてみて味が足りなければ塩コショウ。
 パプリカは切り方が小さめの方が食べやすいかもしれませんね。


 シンプルな味付けなので、お好みの味付けにカスタマイズ可能。
 他にも冷蔵庫の残り物を適当に入れて味を試してみるのもアリです♪
  
 


↓ 「こちらのサイトでも、もっとたくさんの面白いブログが探せますよ。」
 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 簡単レシピでうちごはん All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます