『けんちん汁 鶏肉入りだし仕立て』ホッと満足♪簡単美味な作り方☆ - 簡単レシピでうちごはん

『けんちん汁 鶏肉入りだし仕立て』ホッと満足♪簡単美味な作り方☆


スポンサーリンク

 

根菜たくさん具だくさん♪『けんちん汁 鶏肉入りだし仕立て』


 

 本日の料理は、具だくさんで具材のアレンジが楽しい『けんちん汁』のレシピです。
 元々は精進料理なので肉は入れず、だしも昆布と椎茸から取ったものが良いようですが、
 今回は鶏肉を使用し、鰹だしも加えて、動物性タンパク質をプラスしたけんちん汁です。


 根菜類を多く使用するので、根菜数種の下ごしらえが味わいの大きな決め手になりますが、
 簡単な下ごしらえなので、ポイントを押さえればとっても美味しく出来上がります。
 ※意味的には具材を炒めてだしで煮込むらしいのですが、炒めない具材があってもアリ♪

 またけんちん汁は、地域やその家庭によって、味噌仕立てでも作られるようですね。
 今回はだし仕立てですが又の機会にでも、味噌仕立てのレシピも考えたいと思っています(^▽^)
 (味噌仕立てのけんちん汁は、今まで作った事がないもので)

 それでは、本日の料理のレシピをご紹介していきます。


KamoUdon00

☆こちらはうどんになりますが、こんなメニューもご紹介しています☆
 「旨味を贅沢に堪能!『鴨ねぎうどん』だしも本格♪自慢の一品レシピ☆




けんちん汁01



材料・調味料 (6人分)


【けんちん汁 鶏肉入りだし仕立て/材料・調味料】

鶏もも肉                200g程度
里芋                  6個
しいたけ               4~6本
絹ごし豆腐              1丁~
こんにゃく              100g
長ネギ                10cm程度
ごぼう                20cm程度
大根(中)               5~6cm程度
人参                 5~6cm程度

塩コショウ              適量
胡麻油                小さじ2

生姜の擦りおろし(チューブタイプ可)  小さじ1
出来上がりに添える、薬味ねぎの小口切り・一味・七味唐辛子などお好みで



【けんちん汁だし/材料・調味料】
おかわりなど考え、少し多めに作っています
※2/1など、量の御調整はお好みでどうぞ。(その場合具の量も)

水                   1200cc
薄口醤油               大さじ6
みりん                大さじ4
日本酒                大さじ2
かつおだし              大さじ2
だしの素               大さじ2/1~5/4

(こんぶとかつおの合わせだし)
砂糖                  小さじ4/1
塩                  小さじ6/1



本日のレシピ ①~④



けんちん汁02
(写真は、材料少なめ(3人分程度)で撮っています。イメージとしてご参照ください)

1.【下準備/具材切り・材料用意】



 ※前後しますが、豆腐・里芋・ごぼうの下ごしらえを、工程②で詳しくご説明しています。

 鶏もも肉/皮の部分を取り除き、適当な大きさに削ぎ切る
 人参・大根/3mm厚程度のいちょう切りなどor適当な大きさ
 長ネギ/4mm程度の厚さで斜めにスライス
 しいたけ/薄くスライスor適当な大きさ

 こんにゃくは食べやすい大きさにし、(包丁・スプーン・指などで)
 塩(分量外)で揉み軽く茹でてアクを抜く。(水から茹でてください)
 サッと水洗い後、水分を取り除いておきます。

 他の調味料も同様に、調理しやすいように用意しておきましょう。


 ☆【ポイント1】
 野菜の切り方は、食べやすいお好みの切り方でOK
 他にも野菜・根菜類・具材など、お好みで追加してください。





けんちん汁03けんちん汁04けんちん汁05


2.【下準備/豆腐・ごぼう・里芋の下ごしらえ】



 豆腐はサッと水洗い後、キッチンペーパーなどで包んで水分を取り除く。
 手でザックリとほぐしながら、ざるなどに上げておきます。

 ごぼうは身をたわしで洗って泥を落とし、
 ささがき、又は乱切りにしながら水に放ち、アクを抜く。

 里芋は皮を剥いて塩(分量外)擦り後、水から茹で沸騰して2~3分茹でる。
 茹でたら軽く水洗い。キッチンペーパーなどでぬめりを取り、厚めの輪切りにする。


 ☆【ポイント2】
 ごぼうは下ごしらえをしながら水に放ちましょう。
 (切ったそのまま時間が経つと、アクがまわり黒ずんでしまいます)

 また、身を白くする必要はありませんので、酢水にする必要はありません。





けんちん汁06けんちん汁07けんちん汁08


3.【調理/具材を炒め、だしを入れて煮込む】



 鍋を中火で熱し、胡麻油小さじ2を入れ鴨肉に熱を通す。
 (少量の塩コショウをパラッと振り、軽く表面を焼きます)

 さらに、ごぼう⇒人参⇒大根⇒こんにゃく⇒しいたけ⇒長ネギ⇒里芋の順で入れ、
 軽く熱を通す程度で構わないので、サッと炒める。
 (お好みでごぼう・人参以外は炒めなくてもOK)

 炒めたら鍋に全てのだしの材料を流し入れ、弱強火にかけ沸騰させます。
 沸騰したら強中火。約5分程度煮込み、酒のアルコール分を飛ばしましょう。
 (途中アクを取り除いておく)


 ☆【ポイント3】
 沸騰後、火にかけているとき味見をします。
 みりんのクセがなくなっていればアルコール分が飛んだ頃合いです。





けんちん汁09けんちん汁10


4.【調理/最後に豆腐を加えて仕上げる】



 煮込んだら火加減を弱火にし、豆腐を加えて生姜の擦り下ろしを加える。
 味の調整をして、豆腐に熱が通れば出来上がり。

 おつかれさまでした。出来上がったお汁を、お椀や器によそいましょう^^





けんちん汁11
(写真は2人分程度の盛り付けです。盛り過ぎですね(笑))

☆本日のレシピの完成です☆


 熱々のけんちん汁をお椀や器によそい、お好みで添え物を添えれば完成です。
 冬場に旬のものが多い根菜類、寒い時期など特に美味しく感じられる汁物です。
 (煮物にする事もお考えの場合、具の量・だしの量をご調整ください)


 鶏肉・根菜類の旨味がたっぷりと溶け込んだ、美味しいだしの旨味…
 滑らかな豆腐の口触りも楽しく、具だくさんで栄養も満点!とっても旨い汁物です(^▽^)
 本日は、ホッとする味わい♪『けんちん汁 鶏肉入りだし仕立て』の作り方でした。
 


最後までご覧いただき、有難うございました^^
 にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

No title

こんにちは。
時間のある限り、ブログを拝見。
拝見はしていたのですが、ゆっくりじっくりという意味。(笑)
楽しく、興味深く拝見させて頂きました。
ありがとうございます。
けんちん汁を作るのですが、家族の支持は低いのですよ。
次回は鶏肉を入れて、挑戦してみます。

2014-03-03 13:31 from みなづき | Edit

こんにちは。

有難うございます、楽しんでいただけて嬉しいです(´∀`*)

自分の家もそうなんですよ。けんちん汁と豚汁の割合で言うと1:9ぐらいです。
(どっちがいい?って聞くと、大体豚汁で落ち着きます)
ほとんど豚汁ですね(笑)

野菜だけより、肉も入ると喜ばれるかもしれませんね。応援しています^^

2014-03-03 17:42 from 自宅料理人ひぃろ | Edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014-07-26 00:34 from -

トラックバック
Copyright © 簡単レシピでうちごはん All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます