『海老のトマトクリーム煮込み 菜の花添え』濃厚クリーミー仕立て☆ - 簡単レシピでうちごはん

『海老のトマトクリーム煮込み 菜の花添え』濃厚クリーミー仕立て☆


スポンサーリンク

 

春に添える一皿♪『海老のトマトクリーム煮込み 菜の花添え』


 

 本日の料理は、海老を使ったトマトクリーム煮込みに、春の味覚"菜の花"を添えました。
 海老はボイルしてプリッとした食感で仕上げ、トマトクリームソースでサッと煮込みます。
 シンプルな材料でサッと簡単に作れ、しかもお洒落で美味しい元気な色合いのご馳走です。

 ※春の味覚"菜の花"が手に入らない時期は、お好きな添え物でお楽しみください。


 プリプリと柔らかな海老の食感と甘味、サッと茹でた菜の花のほろ苦い味わいとよく合います♪
 ソースは軽めの味付けですが、クリーミーで滑らかな舌触りと濃厚な味わいが魅力(^▽^)
 それでは、本日の料理のレシピをご紹介していきます。


WatariGaniCPasta00

☆こちらはソースの作り方が違う一皿。渡り蟹を使ったトマトクリームパスタです☆
 「本格濃厚!『渡り蟹のトマトクリームパスタ』旨味を堪能♪贅沢レシピ




海老のトマトクリーム煮込み01



材料・調味料 (2~3人分)


【海老のトマトクリーム煮込み 菜の花添え/材料・調味料】

無頭海老(大き目)           12尾
(本日はブラックタイガー海老を使用。海老はお好きな物でどうぞ)
茹でた菜の花をお好きなだけ。香草にチャービルを少量(香草はお好きな物でOK)
玉ねぎ(中程度)            3/1~4/1程度
長ネギの緑の部分を、長さ8cm程度

(軽い苦みと彩のアクセントに加えただけなので、加えなくても構いません)

生クリーム              100ml
白ワイン               100ml
トマトペースト            10g(大さじ2)
オリーブオイル(EXV)         大さじ1
薄口醤油               小さじ1
塩コショウ              適量


仕上げの味調整用に、塩・岩塩・マジックソルト・パルメザンチーズなど
ソースが濃厚になりすぎた場合、牛乳を少しずつ加えて試してください



本日のレシピ ①~③



海老のトマトクリーム煮込み02


1.【下準備/具材切り・材料用意】



海老はサッと水洗いして、軽く水分を取り除いておく。
(今回この後の工程で、殻を付けたままボイルします)

玉ねぎ/荒目で構わないのでみじん切り
長ネギ/長さ2cm、幅2mm程度で縦に切る

菜の花はあらかじめボイルしておき、チャービルは冷水に浸けて身をパリッとさせる。
他の材料・調味料も同様に、調理しやすいように用意しておきましょう。


☆【ポイント1】
菜の花は適量を束ね、中心辺りでひもで軽く結び、
根元から半分程度先に茹でてから、ひっくり返して先端から半分程度茹でると、
上手に形を残したまま茹で上げることが出来ます。

茹で時間的には、
よほど根元が太くなければトータル2分前後が目安です。





海老のトマトクリーム煮込み03海老のトマトクリーム煮込み04海老のトマトクリーム煮込み05


☆【殻付き海老の下ごしらえ(背ワタ取り3種)】☆



①むき出しの身の部分から、キッチンペーパーなどで直接引っ張り出す。
ワタが残っており新鮮な海老の場合、切れずに引っ張り出すことが出来ます。
※活け有頭海老の場合、頭を引き抜く際、頭部に付いてワタも抜けます。

②海老背側の殻と殻の間に爪楊枝などを浅く刺し、(身と水平に)
ゆっくりと千切れないようにワタを引っ張り出す。
※途中千切れた場合は、尾側の殻と殻で同様にする。

③取れにくい場合、浅く背側に切り込みを入れワタを出します。


☆【ポイント】☆
それでも抜けない場合はボイルした後、背に浅く包丁を入れ取り出します。

今回、身のちぢみを出来るだけ防ぐ為、殻ごと茹でていますが、
そこまでワタ抜きに神経質にならなくても大丈夫です。





海老のトマトクリーム煮込み06海老のトマトクリーム煮込み07海老のトマトクリーム煮込み08
(水から茹でる方法もありますが、違う料理の機会にでも)

2.【調理/海老を殻ごと茹でる】



☆背ワタを抜いた海老は、分量外の白ワインを軽く振り、10分程度置いておく☆
(工程が前後しますが、背ワタ取りと一緒に工程①の前にしておくとスムーズです)

⇒※白ワインは殺菌効果がとても高く、魚介類の臭み取りにも効果的です。


たっぷりの水を鍋で沸騰させる。
沸騰したら、なめて塩辛さを感じる程度塩(分量外)を入れ、
ザッと熱湯の中に海老を入れて茹でる。

茹で上がってきたら海老が浮いてきます。
ざるなどで冷まし、胴の殻と尾の殻を取り外しましょう。
(熱い時すぐに殻を取り外すと、身がちぢんでしまうので注意してください)


☆【ポイント2】
海老の大きさにもよりますが、茹で時間目安は約2~3分程度です。

また、生のむき海老・生の殻付き海老で本日の料理を作りたい場合、
次の工程でお使いいただけるので、この工程は飛ばしてください。





海老のトマトクリーム煮込み09海老のトマトクリーム煮込み10海老のトマトクリーム煮込み11


3.【調理/トマトクリームソースを作り、海老を加えて仕上げる】



フライパンを中火で熱し、オリーブオイル大さじ1を流し入れ、
玉ねぎのみじん切りを入れて、塩コショウを軽くパラリ。

焦げつきに気を付けながら炒め、
熱が通ったら醤油小さじ1⇒白ワイン100mlの順で加える。

さらにトマトペースト10g(大さじ2)を加え、中火のまま軽く煮詰める。

途中ボイルした海老と長ネギを投入し、白ワインのアルコール分を飛ばし、
気持ち火加減を弱めて生クリームを流し入れ、全体をよく混ぜます。
お好みの煮込み加減まで熱を加えていきましょう。


☆【ポイント3】
海老は前の工程でボイル済みなので、
お好みで生クリーム投入後に加えても構いません。

また、ボイルせず生の海老をご使用の場合、
玉ねぎを炒める時、一緒に火を通してお作りください。





海老のトマトクリーム煮込み12


☆【味を見て必要な場合、調味料を加えて調整する】☆



煮詰めたら火を止め味見をする。

味が足りなければ、
塩・岩塩・マジックソルト・パルメザンチーズなどで味を調えれば出来上がり。
おつかれさまでした。お皿に移して盛り付けに取り掛かりましょう^^


⇒※煮詰まり過ぎやソースが硬いと思う場合、
牛乳を大さじ2/1程度ずつ加えてご調整ください。





海老のトマトクリーム煮込み13


☆本日のレシピの完成です☆


お皿に茹でておいた菜の花を配し、出来上がった海老を移します。
トマトクリームソースをバランス良くかけ、チャービルで彩りを添えれば完成。
※香草はチャービルでなくても構いません。お好きな香草で彩りを添えてください。


淡泊でクセのない菜の花と濃厚なソースですが、一緒に食べると少しほろ苦大人味なので、
こちらはお好みでどうぞ。海老のプリプリ感と濃厚ソースとの味わいが美味な一皿(^▽^)
本日は、お洒落で簡単♪『海老のトマトクリーム煮込み 菜の花添え』の作り方でした。



最後までご覧いただき、有難うございました^^
 にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

No title

トマトクリームソース、一度作ってみたいと思っていたソースです。
詳細にレシピをご紹介くださって、作らなければと気持ちの後押しに。
パスタだけでなく、魚介と季節のお野菜を使うと軽めで満足感もあっていいですね。♪

2014-03-16 09:12 from みなづき | Edit

こんにちは。

有難うございます。励みになります(´∀`*)
今回簡単に作ったソースなので、
味のアレンジもお試しいただけると良いかもしれませんね。

パスタで作ったトマトクリームソースも美味しいのですが、
少し違った味にしたかったもので。
色々な具材と相性が良く、見た目もご馳走って感じになりますからね^^

2014-03-16 13:22 from 自宅料理人ひぃろ | Edit

ひぃろさん、こんばんは♪

ひぃろさん、こんばんは♪
彩りも綺麗で、春らしいひと皿ですね~(*^_^*)
海老はみんな大好きですものね♪
とても丁寧に作られていて、レシピの書き方もさすが☆・・・といった感じです♪
美味しいトマトクリームソースなので、海老との相性も抜群!でしょうが、バケットにつけても美味しそうですね♪
チャービルが添えてあって、とってもおしゃれです☆

2014-03-16 20:37 from カシュカシュ

カシュカシュさん、おはようございます。

サッと茹でた菜の花を添えて、春を感じさせる一皿にしてみました♪
パスタでよくトマトクリームソースを使うのですが、
海老が冷蔵庫にたくさんあったもので今回は。

有難うございます。サッと作ったソースなので、レシピも簡単なものに出来ました。
なるほど、バケットにつけて食べるのも良いですね~。今度試してみたいですね(´∀`*)
チャービルは癖がなく、マイルドな香りが気に入ってます^^

2014-03-17 07:30 from 自宅料理人ひぃろ | Edit

トラックバック
Copyright © 簡単レシピでうちごはん All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます