『ベーコンとほうれん草のポモドーロ』トマトソースのパスタレシピ☆ - 簡単レシピでうちごはん

『ベーコンとほうれん草のポモドーロ』トマトソースのパスタレシピ☆


スポンサーリンク

 

超簡単で一味違う美味しさ♪『ベーコンとほうれん草のポモドーロ』


 

 本日の料理は、イタリア料理のトマトソース、"ポモドーロ"で作るパスタのレシピです。
 イタリア料理の欠かす事の出来ない基本となるソースのひとつで、幅広く料理に使われます。
 (ちなみにトマトの事をイタリアでは、黄金のリンゴ"ポモドーロ(pomodoro)"と呼びます)


 またパスタに使われる場合、トマトパスタの基本としてポモドリーノ(pomodorino)とも呼ばれ、
 加える材料や調味料によって派生し、様々な料理名に代わっていきます。

 ※アサリを加えれば"ボンゴレ・ロッソ"、唐辛子を加えれば"アラビアータ"など。
 (さらに詳しい詳細は、またの料理の機会にでも)


 トマトの水煮缶で簡単に作れ、しかも材料・作り方も超シンプルで美味!
 (バジルの葉だけでも作れますが、今回ベーコンとほうれん草をソースに加えます)
 手軽にトマトの旨味と風味を楽しめ♪サッと短時間で作れるのも魅力です(^▽^)

 それでは、本日の料理のレシピをご紹介していきます。


Sopadeajo000A


☆こちらはにんにくをたっぷりと使った、スペイン料理の美味なスープです☆
スペイン料理『ソパ・デ・アホ』簡単本格♪にんにくのスープレシピ♪




ベーコンとほうれん草のポモドーロA-01



材料・調味料 (2人分)


【ベーコンとほうれん草のポモドーロ/材料・調味料】

乾燥パスタ(1.6mm)       160~200g
(一般的に1人分約80g~100g/本日は1人分90g使用)
薄切りベーコン            30~40g
ほうれん草              6株
にんにく               1片

カットトマト缶            400g/1缶
オリーブオイル(EXV)         大さじ4
乾燥バジルを小さじ          3/1程度(あれば、なくても構いません)
味調整用の、塩コショウ・岩塩など

(本日は岩塩をミルで引いて、5振りしています)

パスタを茹でる水に対して、1パーセント程度の塩

仕上げにお好みでパルメザンチーズや、パルミジャーノなどを擦り下ろし添える



本日のレシピ ①~⑤



ベーコンとほうれん草のポモドーロ02ベーコンとほうれん草のポモドーロ03


1.【下準備/具材切り・材料用意】



にんにく/潰して中心の芽を取り除く
ベーコン/食べやすい大きさに切り揃える

あらかじめほうれん草は、6株程度を硬めに茹でておきます。
他の材料・調味料も同様に、調理しやすいように用意しておきましょう。


☆【ポイント1】
この後すぐ、パスタを茹でる鍋に水を入れて火にかけましょう。
この後の工程がとてもスムーズに流れていきます。





ベーコンとほうれん草のポモドーロ04ベーコンとほうれん草のポモドーロ05ベーコンとほうれん草のポモドーロ06


2.【調理/ポモドーロを作る①】



フライパンにオリーブオイル大さじ4を流し入れ、潰したにんにくも加える。

点火して弱めの中火。
焦がさない様に気をつけながら、油ににんにくの香りを移します。

香りが移ったらにんにくを取出し、
(この後使いませんが、お好みで出来上がりに添えてください)
ベーコンを入れて軽く揚げる感じで熱を加える。

お好みの焼き加減になったら、(焦がさない様に)
トマト缶を全て投入し、サッと次の工程に移りましょう。


☆【ポイント2】
にんにくの焦げ付きには気をつけましょう。
香りが悪くなり、苦みも出てしまいます(>_<)





ベーコンとほうれん草のポモドーロ07


3.【調理/ポモドーロを作る②】



乾燥バジル小さじ3/1をパラッと振り、沸騰させない程度に熱を加える。

トマトの苦みなどが出るので、煮込む必要はありません。
熱を加えたら火を止め、塩コショウ・岩塩などで味を調えましょう。
(この後パスタの茹で上がりまで、スタンバイしておきます)


☆【ポイント3】
ソースの汁気が足りない場合、パスタの茹で途中で構わないので、
パスタの茹で汁を大さじ1~2程度加えてお試しください。





ベーコンとほうれん草のポモドーロ08ベーコンとほうれん草のポモドーロ09ベーコンとほうれん草のポモドーロ10
(茹で時間は、お使いのパスタの茹で時間をご参考下さい)

4.【調理/パスタを茹でる】



鍋にたっぷりと水を入れ、しっかりと沸騰させる。

沸騰したら水に対して約1%程度の塩を加え、パスタをアルデンテに茹でます。
(本日は3リットルの水に、大さじ1と大さじ2/1程度の塩を加えています)

パスタが茹で上がったらしっかりとお湯を切り、サッと次の工程に移りましょう。


☆【ポイント4】
しっかりと沸騰させて、鍋にパスタを入れましょう。
パスタを美味しく茹で上げるポイントになります。





ベーコンとほうれん草のポモドーロ11ベーコンとほうれん草のポモドーロ12


5.【調理/トマトソースとパスタを和えて仕上げる】



スタンバイしていたポモドーロを弱火で温め、工程④のパスタを移す。

パスタにソースを絡めたらほうれん草を加え、サッと熱を通して出来上がり。
おつかれさまでした。お皿に移して盛り付けに取り掛かりましょう^^





ベーコンとほうれん草のポモドーロA-14


☆本日のレシピの完成です☆


 お皿に出来上がったパスタを移します、バランス良く具材とソースを配せば完成。
 お好みでパルメザンをパラッと振ったり、パルミジャーノ軽くを擦り下ろしても美味です。
 ※パルミジャーノ・レッジャーノ(イタリアチーズの王様とも呼ばれています)


 にんにくの香りを移したオイルが、トマトの味わいと香りを一層引き立てます。
 素材の旨味を存分に堪能出来、急な来客にも対応♪おもてなしにも喜ばれる一皿(^▽^)
 本日は、美味で手軽に作れる♪『ベーコンとほうれん草のポモドーロ』の作り方でした。
 


最後までご覧いただき、有難うございました^^
 にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

No title

トマトソースたっぷり入った、シンプルパスタはにんにくの香ばしい香りを上手にトマトに吸わせるところかな。
火加減と手際なのか、下手なのですよ。
ひぃろさんのパスタ、めっちゃくちゃおいしそうです。
シンプルなメニューほど、難しいです。(笑)

2014-03-18 09:03 from みなづき | Edit

こんにちは、みなづきさん。

そうですよね。
シンプルな料理程、ちょっとした事で味などが変わりますよね。
オイルの香りでトマトの風味や甘味がアップです♪
※にんにくは焦げに注意です。

このソースだと、煮るというより"熱を加える"程度で良いのかもしれません。
作る時も、中火以上の火加減は必要ないかと思います。

有難うございます(´∀`*)
パスタは献立登場率が高いので、他のパスタも記事にしたいと思っています^^

2014-03-18 11:45 from 自宅料理人ひぃろ | Edit

トラックバック
Copyright © 簡単レシピでうちごはん All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます