『フライドエッグの作り方』とろ~り半熟♪揚げ時間&簡単サラダ付き - 簡単レシピでうちごはん

『フライドエッグの作り方』とろ~り半熟♪揚げ時間&簡単サラダ付き


スポンサーリンク

 

半熟加減をコントロール♪『フライドエッグの作り方』


 

 本日の料理は、卵を高温の油で揚げる卵料理、フライドエッグの作り方です。
 卵白で卵黄にふわりと衣をまとわせ揚げ、内部の黄身をとろ~り半熟で仕上げます。
 約200℃の高温で揚げるので、卵がふっくらと香ばしく揚がるのもポイント。


 出来上がったフライドエッグは、シンプルに塩のみの味付け、単品でも美味しいのですが、
 パスタやハンバーグ、サラダなど、他の料理の添え物としても適しています(^▽^)
 それでは、本日の料理のレシピをご紹介していきます。


BeefSteak00

☆ステーキを美味しく作る為の、焼き方と簡単なコツなどもご紹介しています☆
 「極上!ステーキレシピ☆『ビーフステーキ』簡単美味な焼き方とコツ♪




フライドエッグ01



材料・調味料 (2人分)


【フライドエッグ/材料・調味料】

卵                  2個
岩塩・塩など             適量
揚げ油を適量(本日は200ml使用)


木杓子・木のスプーンがあると便利です。(フライドエッグの形を調える時)



【フライドエッグ使用例・参考簡単サラダ/2人分材料・調味料】

卵                  2個

殻付き無頭海老            6尾
プチトマト              4個
アスパラガス             2本
水菜(根元近くの形の良い物を少量。なくても構いません)

マヨネーズ・薄口醤油・チューブタイプのワサビを各適量で、ドレッシングを作る。

(醤油とワサビでベースの味を作り、マヨネーズを少しずつ加えて味を調えると簡単です)


本日のレシピ ①~④



フライドエッグ02フライドエッグ11


1.【下準備/具材切り・材料用意】



卵はこの後の工程で1個ずつ調理する為、
小さめの器やボールなどに、1個ずつ割り入れておく。

他の材料・調味料も同様に、調理しやすいように用意しておきましょう。
(油の温度が分かりやすいよう、今回温度計も用意しました)


☆【右側写真は、フライドエッグ使用例の参考サラダ材料です】☆

海老/背ワタを取り熱湯でボイル後、自然に冷まして殻をむく
アスパラガス/熱湯でボイル後、冷水に落とし色止め。(斜めにスライス)
プチトマト/お好みの切り方でカット

ドレッシングは簡単なワサビマヨネーズを作ります。

醤油とワサビでベースの味を作り、マヨネーズを少しずつ加えて味を調えましょう。
(お好みの味加減で、調整をお楽しみください)





フライドエッグ03


2.【調理/フライドエッグを作る】



小さい鍋やフライパンに揚げ油を入れ、油の温度を約200℃程度まで上げる。
(約190℃程度でも出来ますが、200℃以上の方が上手に揚がります)

⇒※油の温度が低いと、卵白が固まる前に卵黄にも熱が通る為、
卵黄がうまく半熟状態になりません。

また、今回揚げ油の量は200mlを使用していますが、
油の量は少な過ぎると、
卵全体に早く熱が通ってしまう為、こちらも卵黄がうまく半熟状態になりません。




※【揚げ時間が勝負になります】※
ちなみに、本日の参考サラダで使ったフライドエッグは、
揚げ時間約60秒で調理しています。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

フライドエッグ04

鍋やフライパンを少し傾け油を寄せて、ソッと静かに卵を落とす。
この時、油ハネがする場合があるので、十分注意しましょう。


フライドエッグ05

卵白が周りに散らないよう、あわてず形をまとめていきます。


フライドエッグ06

卵白で卵黄を包み込むように、鍋の縁に寄せながら形を整えていく。
形は鍋の縁に押し当てるように揚げるので、自然と形が整ってきます。


フライドエッグ07

回転させたりして形を整えてもいいですね。
高温で揚げているので、卵が途中ふっくらと膨らんできます。


フライドエッグ08

お好みの形・揚げ加減になれば取り出します。
※慣れてくると、卵の形を丸くするなども出来ます。
火傷に気をつけ、素早くバットなどに上げて油を切りましょう。

⇒※( 次の工程で、揚げ時間差による内部半熟写真があります )※


☆【ポイント1】☆
フライドエッグは1個ずつ作る。

また卵を油投入直後、油ハネする場合がありますが、
十分注意して、あわてずに調理を行いましょう。





フライドエッグ09フライドエッグ10


3.【調理/油を切り、熱いうちに塩を振って仕上げる】

(揚げ時間差による、内部の半熟参考写真になります)

フライドエッグが熱いうちに、岩塩や塩を少量振れば出来上がり。

おつかれさまでした。フライドエッグは他料理の添え物や、
ソースや野菜など添えて、フライドエッグ単品でもお楽しみいただけます^^


☆【ポイント2】☆
写真の、30,60,90の数字は、
卵を揚げ油投入後からの、揚げ時間秒数になります。
お好みの半熟加減にする参考にご参照ください。

※120秒、2分では若干半熟ですが流れ出ません。
(卵黄を固めにする場合のご参考に)





フライドエッグ12


☆フライドエッグを使用した、参考料理として☆


今回、単品ではボリューム感に欠けるので、参考料理としてサラダに添えてみました。
卵の中央を少し開き、具材を軽く卵黄に浸せるようにしています。
簡単なドレッシングも添えていますが、フライドエッグの食べ方・楽しみ方のひとつとして♪


定番の卵料理として焼く、茹でる、蒸すなどありますが、揚げても美味しいですよ。
また、お好みで半熟ではなくしっかりと内部まで熱を通し、コロリと仕上げても(^▽^)
本日は、美味しい卵の素揚げ♪『フライドエッグの作り方』でした。



最後までご覧いただき、有難うございました^^
 にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

No title

すごいわ、丁寧だわ。
温度紹介、作り方のご紹介は初めて!!!
アジアンごはんは、目玉焼きが多いけれどほんとはこれですもんね。
作り方を熟知していると、サラダでもランクアップ。
アジアンごはんも、ほんまもんですやん。(笑)
たまご好きには、大変うれしい魅力的な記事でしたですよ。^^

2014-03-31 17:29 from みなづき | Edit

今晩は、みなづきさん。

有難うございます^^写真を撮るのに苦労しました(笑)
そうですよね、ガパオライスなどに添えてあったりしますものね。

そう言っていただけると、苦労して撮った甲斐ありました(´∀`*)
卵を入れた瞬間の油ハネに気を付ければ、意外と出来ちゃいます。
一緒に作った簡単なグラタンに添えた写真があるので、今度ブログにアップしますね♪

2014-03-31 20:10 from 自宅料理人ひぃろ | Edit

トラックバック
Copyright © 簡単レシピでうちごはん All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます