鮎の味噌焼き 香ばしい香り漂う♪本格料理 鮎も柔らか旨味たっぷり - 簡単レシピでうちごはん

鮎の味噌焼き 香ばしい香り漂う♪本格料理 鮎も柔らか旨味たっぷり


スポンサーリンク

 

香ばしい香り漂う♪鮎料理『鮎の味噌焼き』


 

 本日の料理は、鮎を使った香りと旨味が楽しめるメニューです。
 味噌の旨味と、ホクホクとして柔らかい身の甘みがとっても魅力的♪
 背開きして味噌を入れた『鮎の味噌焼き』のレシピです。


 塩焼きと工程はほぼ同じなので、とっても簡単に作れちゃいます。
 いつもの塩焼きと違う料理法など、是非お試しいただければと思います。
 他の魚料理にも応用出来るメニュー。あなたのマイレシピにいかがですか(^▽^)

 ワタが苦手な方は、エラ・内臓をすべて取り除く作り方もあります。
 気軽にまるごと美味しくいただけるようにしてもいいですね。
 又の機会、レシピとしてご紹介しておきたいと思います。


 

☆ 本日はレシピのご紹介の前に、もうひとつ美味しい料理のご紹介です ☆



 レシピブログさんで「おいしいオリジナル韓国料理」を紹介されている
 いもさんという方の料理を作らせていただきました。
 ご許可をいただいたので、鮎の味噌焼きと一緒に作った時の写真を載せています。




いもさんのレシピ01


 ブログを拝見していた時に、
 「あっ!この料理すごく簡単だし、美味しそうだな~♪」と思い、作ってみました。
 素材の味が映えるヘルシーで美味しい料理だったので、パクパクっといけました(^▽^)


 いもさんは他にも、たくさんの美味しい料理をご紹介されていますね。
 美味しく簡単に作れるレシピが多いので、
 忙しい方にもピッタリのメニューがたくさんです。
 酒飲みにも堪らないものが多いのでおススメですよ♪


 →詳しい材料と作り方はいもさんのブログ「いものブログ」をご覧ください。


 それでは本日の料理、『鮎の味噌焼き』のレシピをご紹介していきます。
 ☆もちろん定番のメニュー、美味しい「鮎の塩焼き」のレシピもご紹介しています♪




鮎の味噌焼き01



材料・調味料 (2人分)


【鮎の味噌焼き/材料】

鮎              2尾

みょうが1個を斜めに(薄切り水にさらす)
大葉4枚をお好みに切る
すだち1個を半分に

薬味ねぎの小口切りを4本分


【鮎の味噌焼き/調味料】

味噌だれ           大さじ6
☆分量と作り方は、こちらの「味噌だれレシピ」をご参照ください。
みりん            大さじ1
いりごま           小さじ2/1



本日のレシピ ①~④



鮎の味噌焼き02鮎の味噌焼き03


1.【下準備/味噌焼きの味噌を作る】

 味噌だれとみりんを鍋に入れ沸騰させる。
 みりんのアルコール分を飛ばし、かたさが出るまで火にかけます。

 かたさが出たら器に入れて冷まし、胡麻・ねぎを混ぜておきましょう。





鮎の味噌焼き04鮎の味噌焼き05


2.【下準備/鮎の下処理】

 鮎は塩で身を擦って水洗い。ぬめり・汚れ・うろこを取る。

 フンはない場合もありますが、おなかを少し押してフンも出す。
 水分はキッチンペーパーなどでよく取りましょう。

 水分を取ったら鮎の両面にパラパラッと塩を振り、ひれと尻尾に化粧塩をしておく。


 ☆【ポイント】
 化粧塩によって、ヒレやしっぽの部分が焦げるのを防いでくれます。

 
 


鮎の味噌焼き06鮎の味噌焼き07


3.【下準備/鮎の身に、味噌を入れる】

 鮎の頭から尻尾まで、中骨まで包丁を入れ背開きにする。
 背開きしたところへ①で作っておいた味噌を入れます。
 入りにくかったら少ない量でもOKですよ。

 味噌を入れたら串を打って焼いていきましょう。
 内部もほっこり出来上がります。
 (もちろん串を打たず、普通に焼いても問題ありません)

 ☆串の詳しい打ち方はこちらでご紹介していますので、宜しければご参考ください。




 
鮎の味噌焼き8


4.【調理/焼き上げる】

 火を入れて、グリル内部を温めておく。

 グリル内部の温度が上がったら、
 だいたい中火~弱強火で、鮎の両面を焼いていきます。

 焼き色がつき、お好みの焼き加減になったら焼き上がりです。
 おつかれさまでした。最後の盛り付けに取り掛かりましょう^^





鮎の味噌焼き9


☆本日のレシピの完成です☆


 お好みのお皿に、薬味・付け合わせと一緒に盛り付ければ完成。
 残った味噌だれは、お好みで鮎につけてお召し上がりください。
 付け合わせや薬味は、お好みの具材を盛ってお楽しみを♪


 合わせたものは、味噌だれと食べても美味しいです。
 肝が苦手な方でも、少しつけると食べやすくなりますよ。

 他の魚で作る場合、ほぼ内臓を取り出す必要が出てきますが、
 魚の臭みを消してくれる調理法として、ご参考いただければと思います(^▽^)
 本日の料理、食欲をそそる香りの『鮎の味噌焼き』の作り方でした。
  


最後までご覧いただき、有難うございました^^
 にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

No title

ひぃろちゃん~こんにちは♪
いもさんのこのお料理、覚えてますよぉ^^
美味しそうでしたものね♪
ガーリック味でご飯がすすみそうです♪
鮎♪
綺麗に裁いて串刺し♪
料亭みたいですね~綺麗に焼けています^^
とってもとっても美味しそう♪
大好きなんですよぉ♪
大きな鮎だね~~♪
今日はずーっと曇り空、雨が降るかなぁと思いながらお洗濯^^
降らずによかったんだけど、雨不足がちょっと心配になって来たよ^^;
そちらはどうですか?
いつも有難う~~~♪

2013-07-31 18:21 from misya | Edit

misyaさん

こんにちは、いらっしゃいませ^^

そうなんですよ、いり胡麻しかなかったのですが
材料がそろっていたので作ってみました♪
ヘルシーで美味しかったですね^^

いや~、ありがとうございます。
自分もあっさりした身で好きなんですよ^^
鮎は下処理も楽ですしね♪

ほんと最近、微妙に曇ってるけど雨が降らない天気の日が多いですね~
とことん降った地域はかなり大変なようですけど・・・。

こっちは今日も曇り空、もう少し雨が降ってもと思いますね。
今日も一日がんばりましょう♪

2013-08-01 10:45 from ひぃろ

トラックバック
Copyright © 簡単レシピでうちごはん All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます