本格やみつきカツ丼!魅惑の絶品レシピ 定番を満喫おいしい作り方♪ - 簡単レシピでうちごはん

本格やみつきカツ丼!魅惑の絶品レシピ 定番を満喫おいしい作り方♪


スポンサーリンク

 

美味しいやみつき『カツ丼』の作り方♪


 

 本日の料理は、豚カツを使った美味しい人気のメニューです。
 ふわとろ卵の食感と、サックリとした豚カツの存在感がベストマッチ!
 みんな大好き♪はずせない定番人気のメニュー『カツ丼』のレシピです。


 今回のカツ丼は、だしに少しこだわりを入れて作ってみました。
 はちみつを少量使って、なめらかな甘味で全体をまとめています。
 ひと手間かけるのですが、本格的な味わいをご賞味ください。

 いつもの自分で作るカツ丼に飽きた方や、
 「だしの味付けがどうしても上手くいかない!」とお困りの方。
 「美味しくカツ丼を作りたい♪」という、そんなあなたにもおすすめ。
 こちらの作り方を、是非お役立ていただければと思います(^▽^)


 だしの作り方も一度覚えてしまえば意外と簡単に作れ、
 あなたのご家庭でも、ほんのひと手間で本格的なカツ丼が楽しめます♪
 それでは、本日の料理のレシピをご紹介していきます。


☆本日のカツ丼ともピッタリ、こちらのメニューはいかがですか☆
ぶっかけ冷やしとろろ蕎麦 夏バテにもピッタリ簡単疲労回復レシピ♪ 




カツ丼01



材料・調味料 (2人分)


【カツ丼/材料】

豚ロース                2枚

卵                  4個
玉ねぎ                1個
大葉                 適量
長ネギ                10cm程度
お好みの海苔を適量


【カツ丼/調味料】(1人分)

水                   200cc
本だしの素              小さじ1

薄口醤油               大さじ2
みりん                大さじ1
砂糖                 大さじ1
日本酒                大さじ1
鶏ガラスープの素           小さじ1
はちみつ               小さじ2/1



本日のレシピ ①~④



カツ丼02カツ丼03カツ丼04


1.【下準備/だし作り】(今回、ご参考しやすいように1人分ずつ作っています。)



 はじめに、カツ丼のキモとなるだしを作ります。

 鍋に鶏がらスープの素以外の調味料をすべて入れ、
 弱強火で火にかける。沸騰したら5~7分煮詰めます。(5分以上)

 煮詰めたら火を止め、鶏がらスープの素を入れて沸騰させる。
 (はじめから他の調味料と一緒に入れず、必ず最後に入れます。)
 沸騰したら(すぐ沸騰します)先ほどと同じ弱強火で1~2分煮詰める。

 出来上がると煮詰め方にもよりますが、
 ちょうど1人分の、約80~100ccぐらいに減ります。
 器などに移しておいておきましょう。


 ☆【ポイント1】
 みりんと日本酒を別に煮切らず、他の材料と一緒に火にかけてください。
 また、はちみつの入れすぎには注意です!入れすぎるとかなり甘くなります。





カツ丼05


2.【下準備/豚カツを揚げる】



 次に、豚カツを作りましょう。だしを作る前に作っていてもOKです。
 もちろん、買ってきた豚カツを使っていただいてもいいですね^^

 ☆豚カツの作り方は「こちら」に詳しくご紹介しています。
 宜しければご参照ください。

 



カツ丼06


3.【下準備/具材を切り、溶き卵を作る】



 調理に取り掛かる前に野菜を切ります。

 玉ねぎ/1個を半分にしてくし切り
 長ネギ/斜めに薄切り
 大葉/お好みの切り方

 豚カツは食べやすい大きさに切って、溶き卵を作っておきましょう。

 ☆【ポイント2】
 長ネギの薄切りは塩で揉んで塩水につけておくと、
 苦みが取れて食べやすくなります。(お好みで)





カツ丼07カツ丼08カツ丼09


4.【調理/カツをだしと溶き卵で仕上げる】(1人分ずつ)



 鍋に①のだしと玉ねぎを入れ、中火で火にかける。
 沸いてきたら半分の量の溶き卵を入れ、軽く火を入れたらカツをひきます。

 カツの上に長ネギをちらし、もう半量の溶き卵を流し入れます。
 お好みの半熟加減になれば出来上がり。

 おつかれさまでした。器にご飯を盛って、出来上がりを移しましょう^^





カツ丼10


☆本日のレシピの完成です☆


 お好みの器にほかほかご飯を入れて、先ほどの出来上がりを盛ります。
 大葉を真ん中にそっとのせ、刻みのりなどをちらせば完成!
 カツ丼定番の薬味、三つ葉もお好みで添えちゃってください♪


 だしの煮詰め時間が味の決め手となります。
 5~7分の間で味がグッと変化するので、お好みで調整を。
 (8~9分をこえた辺りから、かなり味が濃くなります)

 また、ほんの少しだけ味付けを変え、
 煮詰め時間を長くすると、天丼のたれにすることもできます。


 見た目を味わい美味しくいただく。口の中にワクワクが広がります♪
 あなたのご家庭のごちそうメニューとして、こちらのレシピはいかがですか(^▽^)
 本日の料理、だしの作り方が味の決め手!美味しい『カツ丼』の作り方でした。
  


最後までご覧いただき、有難うございました^^
 にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーリンク



タグキーワード

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 簡単レシピでうちごはん All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます