極上!アジフライの作り方♪特製ソースと味わう、絶妙骨なしレシピ♪ - 簡単レシピでうちごはん

極上!アジフライの作り方♪特製ソースと味わう、絶妙骨なしレシピ♪


スポンサーリンク

 

特製ソースと味わう、柔らか美味しい絶品!『アジフライ』


 

 本日の料理は、鯵(以下アジ)を使った外せない定番のメニューです。
 口触り小気味良い、サクサクと揚がった衣を噛みしめ、
 柔らかな食感と、アジの旨味が堪らない『アジフライ』のレシピです。


 アジフライに合わせる、ソースのベースにはマヨネーズを使い、
 ほんのりとしたやわらかな甘みと、軽い酸味を組み合わせて仕上げました。
 レモン果汁をかけることで、ソースの味がさらに引き立つのもポイント。

 また、具材に使うアジの身は開きにせず、アジ1尾を三枚に下ろしたもの。
 うろこ取り・骨抜き・ゼイゴ(ゼンゴ)の下処理を徹底させる事により、
 口当たりが苦手な方にも、安心してお試しいただけるアジフライです(^▽^)

 それでは、本日の料理のレシピをご紹介していきます。


☆本日のメニューと合わせれば、お腹もいっぱいになる嬉しいメニュー
 「まるごと玉ねぎごちそう焼き!極上アンチョビソースとの魅惑のレシピ
 「新定番!焼きアボカドのお洒落カップ♪あと、つくれぽのお礼です♪♪




アジフライ01



材料・調味料 (2人分)


【アジフライ/材料】

鯵(あじ)の身         2人分
(ご自分で捌いた鯵・切り身・開き、調理しやすいものでOK)

白ワイン(日本酒)       小さじ1×2(ふた切れ分)
水              小さじ1
卵              1個
小麦粉            適量
パン粉            適量


【マヨネーズソース】(多めがお好みでしたら、分量を倍にして下さい)

玉ねぎのみじん切りを大さじ3~4
らっきょの酢漬け1個(大)のみじん切りと、漬け汁小さじ1
レモンの皮のみじん切りを小さじ1(入れなくてもOK)

マヨネーズ          大さじ4
オリーブオイル(EXV)     大さじ1
牛乳             大さじ1
レモン果汁          大さじ1

ブラックペッパーを軽く一振り程度


【つけ合わせ】

キャベツ           6/1程度

トマト            1個
レモン            2/1個
水菜やレタス等        お好きなだけ


☆【ソースのつけ合わせオプション】(こちらはお好みで)

トマト少量の細かいみじん切り
オリーブオイル(EXV)     小さじ1
塩              少量
乾燥パセリ          適量



本日のレシピ ①~⑤



アジフライ02アジフライ03
 (写真は、35cm程度を三枚に下ろした身です)

1.【下準備/アジの身の下処理①】



 はじめに、切り身などをお使いの場合、ウロコ・ゼイゴ・小骨を確認
 残っていれば包丁やウロコ取り、骨抜きなどでしっかりと取り除いておく。
 鯵を捌かれてアジフライを作られる方は、宜しければこちらもご参考下さい。
 「鯵(アジ)の捌き方 家庭で簡単三枚おろし♪刺身も絶品!魚の調理法


 ☆【ポイント1】
 頭側のゼイゴが気になる場合、包丁でも構わないのですが
 骨抜きをギュッと持ち頭側に擦るようにすると、簡単に残りのゼイゴが取れます。





アジフライ04アジフライ05


2.【下準備/アジの身の下処理②】



 アジの両身に白ワイン小さじ1をまんべんなく振り掛け
 塩を軽く振り、ラップをして5~10分間冷蔵庫に入れておきましょう。


 ☆【ポイント2】
 白ワインは日本酒でも構いません。





アジフライ06アジフライ07


3.【下準備/野菜切り】



 アジの身を冷蔵庫に入れている間に、野菜を切ります。

 キャベツを薄く千切りにし、水菜・レタス等と一緒に冷水で引き締める。
 トマトを半月切りにし、レモンを2~3mm程度の輪切り

 玉ねぎ・らっきょの酢漬け・レモンの皮を細かくみじん切りにする。
 玉ねぎは塩で軽く揉んで、苦みを取っておきます。


 この時一緒に、マヨネーズソースの調味料を全て混ぜ、
 ソースを作っておきましょう。


 ☆【ポイント3】
 お好みで【ソースのつけ合わせオプション】を混ぜて作っておきます。





アジフライ08


4.【下準備/アジの身に衣をつける】



 冷蔵庫で約5~10分ほどアジの身をおいたら取り出します。

 出てきた水分をキッチンペーパーなどでしっかりと取り、
 パラッとアジの身の両面に、軽く塩を振りましょう。

 小麦粉(まんべんなく薄く)→溶き卵(小さじ1の水を加える)→パン粉
 の順に衣をつけて、衣をなじませるのに2分程度置きます。


 ☆【ポイント4】
 アジの水分をしっかりと取る
 出来上がりの臭みの原因になるので注意です。

 小麦粉とパン粉をしっかりとまぶし、よく手で払いましょう。
 食べた時の口触りに大きく違いが出てきます。





アジフライ09アジフライ10


5.【調理/アジを揚げる】



 約170℃前後の油で、衣をつけたアジの身を揚げていく。

 油にアジを投入して、浮かんで来たら裏返します。
 投入から約3分前後で揚げ上がりです。


 こんがりと揚がったらバットに入れ、2~3分ほど置けば出来上がり。
 (油を切ると同時に、アジ内部の熱を安定させます)
 おつかれさまでした。器に移して盛り付けに取り掛かりましょう^^





アジフライ11


☆本日のレシピの完成です☆


 たっぷりと切っておいたキャベツを器にひき、水菜・レタス等を配します。
 出来上がったアジフライをのせ(大きい場合は食べやすい大きさに切る)
 ソースをたっぷりとかけて、レモンを飾り添えれば完成です。

 あと、ソースのつけ合わせオプションについてですが、
 味わい・食感の軽いアクセントとして、お好みで作り合わせて下さい。


 やわらかな身を堪能しつつ、アジの持つ旨味に舌鼓
 特製ソース・レモン果汁と共に、美味しいひと時をお楽しみください(^▽^) 
 本日は、鯵が苦手な方にも是非お試しいただきたい、『アジフライ』の作り方でした。
  
 ☆食卓に華を添える、お洒落なカフェご飯メニューでお楽しみを。
 「魅惑のカフェご飯レシピ♪鱸(すずき)のムニエル 茄子とトマト添え



最後までご覧いただき、有難うございました^^
 にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

こんにちは

いつも拝見させて頂いております。

美味しいそうな鯵のフライですね。

お料理は、ひと手間かけるところが美味しさの秘訣ですね。
邪魔臭いと思わないことでしょうねと自分に言い聞かせております。(T▽T)アハハ!

特製ソースも良いですね。

ご馳走様です\(*^▽^*)ノ

2013-09-10 15:52 from 祐太mama | Edit

祐太mamaさん

有難うございます、祐太mamaさん^^

そうですね~、色々ひと手間かけると美味しいですが、
やっぱり下処理があったりすると、面倒な時ありますね
下処理など、流れ作業で無心でやっています(笑)

ソースもお褒めいただき、有難うございます(^▽^)
自分も祐太mamaさんのブログ、いつも楽しみにしています♪

2013-09-11 05:45 from ひぃろ

トラックバック
Copyright © 簡単レシピでうちごはん All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます