『たらのムニエル タルタルソース』真鱈ときのこで、ご馳走レシピ♪ - 簡単レシピでうちごはん

『たらのムニエル タルタルソース』真鱈ときのこで、ご馳走レシピ♪


スポンサーリンク

 

美味しい白身魚、真鱈で作る♪『たらのムニエル タルタルソース』


 

 本日の料理は、真鱈(以下たら)を使った、美味しいムニエルのレシピです。
 たらの身は淡泊でクセがなく、みずみずしい旨味を感じられるのが魅力、
 どんな料理にも相性がいい白身魚で、タルタルソースとの相性も抜群です。

 タルタルソースには、柔らかな甘みのピクルス・玉ねぎのみじん切りを入れ、
 味わいと食感の両方を楽しみ、ほんの少しだけ醤油の風味も加えています。
 さらに、レモン果汁でさっぱりと酸味を出すと共に、醤油のクセを抑えました。


 また、しめじと一緒に調理する事による、茸の旨味との相乗効果
 しこしこキュッキュッとした食感も合わさり、口触りも美味しく味わえます。
 周りの添え物との元気な彩りも、ワクワクと食欲を刺激する一皿です(^▽^)

 それでは、本日の料理のレシピをご紹介していきます。


☆ムニエル定番の白身魚!お洒落なフレンチをご家庭でどうぞ☆
 「魅惑のカフェご飯レシピ♪鱸(すずき)のムニエル 茄子とトマト添え




鱈(たら)のムニエル01



材料・調味料 (2人分)


【鱈のムニエル/材料】

真鱈(マダラ)の切り身  2切れ

白ワイン(下処理用)   小さじ1×2(ふた切れ分)
塩           適量
小麦粉         適量

白ワイン        大さじ3
有塩バター       5g
オリーブオイル(EXV)  小さじ2


【タルタルソース】

ピクルスのみじん切りを大さじ2(代用する場合は、味加減を調整してください)
(甘味が柔らかなものがベスト。普通のピクルス・らっきょの酢漬けでも代用可)
玉ねぎのみじん切り   大さじ3(塩揉みする)

マヨネーズ       大さじ4
オリーブオイル(EXV)  大さじ1
牛乳          大さじ1
レモン果汁       小さじ2~大さじ1
薄口醤油        小さじ2/1

塩・コショウ      適量
ブラックペッパーを軽く一振り程度


【つけ合わせ】

トマト         1個
(小ぶりで甘みの強いものがおすすめです)
しめじ         2/1パック
レタス         お好みの量

レモンの薄切り     2枚
マスタードの芽など   適量



本日のレシピ ①~⑤



鱈(たら)のムニエル02鱈(たら)のムニエル03鱈(たら)のムニエル04


1.【下準備/切り身の下処理】



 切り身を確認して、小骨・うろこが残っていれば取る。

 水分が出ていたら軽く拭き取り、
 切り身の両面に、適量の塩・白ワイン小さじ1を振り、なじませます。

 バットなどに入れてラップをかけ
 冷蔵庫に入れて、約15分程度置いておきましょう。


 ☆【ポイント1】
 白ワインは、日本酒でも代用可能です。その場合少し少なめに。





鱈(たら)のムニエル05鱈(たら)のムニエル06


2.【下準備/野菜切り・ソース作り】



 切り身を冷蔵庫に入れている間に、野菜を切り、ソースを作ります。

 玉ねぎを細かくみじん切り。
 トマトとレモンは輪切りにして、
 しめじ・レタス・マスタードの芽を、食べやすい大きさに切る。

 ソースは調味料を全てボールに入れ、しっかりと混ぜておきます。


 ☆【ポイント2】
 ソースの味加減を確認して、酸味や甘味の調整などお好みでどうぞ。





鱈(たら)のムニエル07


3.【下準備/切り身に小麦粉をまぶす】



 冷蔵庫から切り身を取り出し、身から出た水分をしっかりと拭き取る。

 拭き取ったら身の両面に、パラパラッと軽く塩を振ります。
 全体に厚い部分が出来ないように、薄く小麦粉をまぶしましょう。


 ☆【ポイント3】
 身から出てきた水分は、しっかりと拭き取る。
 出来上がりの臭みのもとになるので、注意が必要です(>_<)

 小麦粉はしっかりとまぶし、手ではたいて薄くします。





鱈(たら)のムニエル08鱈(たら)のムニエル09鱈(たら)のムニエル10


4.【調理/焼いていく】



 フライパンを中火で熱して、オリーブオイル小さじ2を流し入れる。
 切り身の皮目から焼いていきます。

 皮目に軽く焼き色が付く程度で裏返し、余分な脂を取り除く。
 たらの身の周りにしめじを並べ、白ワイン大さじ3を加えて蓋をします。
 軽く火力を落として、火加減を調整しておきましょう。


 ☆【ポイント4】
 臭みの大きな原因になる余分な油は、
 キッチンペーパーなどを使って、しっかりと取り除きます。





鱈(たら)のムニエル11鱈(たら)のムニエル12


5.【調理/仕上げ】

 白ワインがなくなる少し前に蓋を取り、バターを投入します。
 バターを少し溶かしたら火を止め、具材と絡めれば出来上がり。

 おつかれさまでした。仕上げの盛り付けに取り掛かりましょう^^


 ☆【ポイント5】
 たらの身は身崩れしやすいので、やさしくバターと絡めましょう。





鱈(たら)のムニエル13


☆本日のレシピの完成です☆


 お好みのお皿にレタスをひいて、出来上がったムニエルをのせます。
 ムニエルの上から、たっぷりとタルタルソースをかけましょう
 しめじ・トマト・レモンを添え、マスタードの芽をそっと飾れば完成です。
 レモン果汁をたっぷりと絞りかけて、お召し上がりください。


 添え物にはフレッシュな色合いの野菜を加え、ご馳走感もアップ
 美味しいバランスの組み合わさったメニューに仕上げました(^▽^) 
 本日は、美味しい♪『たらのムニエル タルタルソース』の作り方でした。
  
 ☆本日のメニューと組み合わせみるのも、楽しくてワクワクする一皿。
 「贅沢な存在感を演出!夏野菜のミルフィーユ♪簡単重ねて御馳走サラダ



最後までご覧いただき、有難うございました^^
 にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 簡単レシピでうちごはん All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます